Collection #0009 舟渓(ジョウチー) 背帯  

本日は、「織」の逸品、舟渓の背帯(ねんねこ)をご紹介します。
2013111jyoti1

分かりにくいのですが、反物3部構成。長さ4m・織り幅35㎝の無地平織布2本で、長さ2m弱・織り幅20㎝程の模様浮き織の織布を挟み込んだ形。
舟渓・背帯(ねんねこ構成図)

左右に飛び出た部分が折りたたまれ、紐になります。

驚くべきは中央部に配された織布の浮き模様の多彩さと繊細さ。
2013111jyoti2 子沢山の象徴、犬の爪模様

2013111jyouti3富の現れ、棕櫚の葉模様

2013111jyoti4ご先祖様と尊ぶ、蝶模様。↓アップにしてみます。

2013111jyoti5

まだまだ続く・・・

2013111jyoti8豊作をもたらすとされる、田の草模様。

2013111jyoti8水紋とも、長寿紋とも・・・

etc・・・ 1つの背帯に菱形に囲まれた護符ともいえる文様が9種織り込まれています。

織る際の横糸は地織用のものと、紋織り様にもう1本、この紋織りがさぁ大変!1段1段へらで経糸をすくいながら模様を描き出してゆきます。・・・眩暈がしそうな作業です。
2013111jyoti10

この織に関しては、博多織の研究をなさっておられる鳥丸貞恵先生の「時を織り込む人々」に詳しく記されております。必見・必読の書です。

参考書籍:「SPIRITUAL FABRIC 中国貴州省苗族 染織探訪15年 時を織り込む人々」鳥丸 貞恵 著/西日本新聞社

用途・機能背帯(ねんねこ)
地域や支族舟渓(ジョウチー)
主な刺繍技法その他
主な素材絹糸
主なモチーフ
  • 水紋
  • その他
年代1900-1950年頃
備考背帯完品