第5・6弾は。。。施洞に夢中。

様々な刺繍パターンを日々学んでいる彼女たち。日頃の成果を発表するべく寄せてくれるこれらの作品は、その都度彼女らが自由に選びとっています。 イ革家の鎖繍(ソウシュウ)から始まった作品ですが、今では、施洞の破線繍(ポーシェン

Read more

2年目を迎え見えてきたもの

皆で迎えた2度目の春である。11名で走り出した禾苗刺繍学校。途中、生徒のめでたい嫁入りや、数名の入れ替わりを経験し、現在、生徒は6名。 1年前、強張った表情で、はにかんだ笑顔でいた子供達は、この1年で、いったいどんな顔に

Read more