Collection #0007 革一(ゲーイー) 背帯

2012126geii1

これは革一地区の背帯(ねんねこ)です。この写真では分かりにくいですが、刺繍部分をアップにすると。。。

2012126geii2

見事な堆繍(詳しくは「苗族の刺繍をご覧下さい)で描き出された「鳥」
2012126geii3

「蝶」
2012126geii4

「魚」

お分かり頂けたでしょうか?極小に切り分けたパーツを1ミリ単位で ずらし 重ねながらデザインを描き出す驚愕の刺繍。
ルーペで覗くと布の重なる立体感にゾクゾクします。

この技法は、施洞地区の民族衣装の「襟足部」や「前合わせ部」のパーツに良く見られるものですが、
2012126geii5

ここまで全面に刺された堆繍の背帯には気が遠くなります。
2012126geii5

用途・機能背帯(ねんねこ)
地域や支族革一(ゲーイー)
主な刺繍技法
  • 堆繍(ドィシュウ)
  • 打子繍(ダ-ズゥシュウ)
主な素材絹織地
主なモチーフ
年代1950-2000年頃
備考全面堆繍