Collection #0002 黄平(ホアンピン) 衣装(背中)or背帯(背当て)一部

当コレクションの中でも1・2を競う細かさなのがこの黄平の刺繍。

・・・これは黄平地区の民族衣装の背中、若しくは背帯の背当て部分の刺繍部と思われます。
見事な亀甲模様の中はびっしりと十字繍で埋め尽くされています。その細かさたるや・・・
※定規の単位は㎝

お分かり頂けるでしょうか???1つの亀甲の大きさは4㎝。中を埋め尽くす十字繍は・・・
※ルーペ内の定規の単位は㎜

ご覧の通り、1㎜以下の小ささ・細かさなのです(驚!!)
織地の経糸と横糸の布目を見ながら下絵もなく裸眼で刺してゆくのだそうです。

最後にも1度! ICチップの如き驚きの刺繍を!!

用途・機能衣装(背中部)or背帯(背当部)
地域や支族黄平(ホアンピン)
主な刺繍技法十字繍(シーズゥシュウ)
主な素材
  • 絹糸
  • 木綿織地
主なモチーフ
年代1900-1950年頃
備考蝶を抽象化したデザイン

One thought on “Collection #0002 黄平(ホアンピン) 衣装(背中)or背帯(背当て)一部

Comments are closed.