社会見学北京の旅~

 禾苗(フゥミャオ)刺繍学校で2年間という就学期間をまっとうした生徒達には、社会勉強の一環として「北京ご招待企画」という大プレゼントがあるのです。
第1回目となる今回の該当者は、劉 春花(菜)と劉 躍蘭(剛)の2名。2人とも学校設立当初から頑張ってくれた生徒で、彼女達の技術レベルはもうかなりのもの。今回は彼女達の将来の為にも、色んな可能性や道筋が有る事を伝えたい。そしてもちろん刺繍のお勉強の為にも。
彼女達の一行は10月23日の朝6:20、無事北京西駅に到着しました。メンバーは引率の邰(tai)先生と娘さんの佳麗、菜と剛の総勢4名。約48時間の長旅に少しばかり疲れ顔の剛に興奮気味の菜。さぁ5日間の北京ライフのはじまり~はじまり~♪

貴州からの列車が北京西駅に到着
貴州からの列車が北京西駅に到着

48時間の旅、お疲れ様!
48時間の旅、お疲れ様!

まずは腹ごしらえ!っと我が家で朝食。カレーライスを出したらムシャムシャムシャ。辛いものでないと・・・な彼女達には好評だったみたい。(朝からカレーかよっ!って突っ込まないで~)お昼は流行ものって事でケンタッキーに連れて行きました。ん~チ-グァイ(奇妙な)味っと。 こちらははずしたもよう。

初ケンタ
初ケンタ

今日の予定は近所の服装市場。北京の物価やファッション事情のお勉強~ ほほーやっぱり女の子だねーお目目キラキラさせて見てる見てる。彼女達曰く、台江にはないものばかり!かなりの時間見入ってました。 ブルーが似合う菜はジージャンに夢中。白が好きな剛はバーバリーもどきのジャンパーがお気に入りの様子。この日はそれぞれセーターを購入して市場探索は終了。夜は北京苗(ミャオ)組みのお宅で歓迎会にお呼ばれです。

 

24日(金)今日も快晴。北京観光といえば故宮に天安門広場!っとばかり出発~目指すは故宮が一望出来る景山公園。 「こりぁなんだ??」「むかーしの皇帝の家だよっ」「すげー!!」

景山公園から故宮を望む
景山公園から故宮を望む

下から景山公園を望む
下から景山公園を望む
お次は歩いて天安門広場へ向かいます。歩けど歩けどなかなか着かない。北京の広さ、大きさを感じた様です。途中色んな人達とすれ違い、国際色も多様性も味わった様子。

天安門広場
天安門広場

北京の大きさを肌で感じる2人
北京の大きさを肌で感じる2人

旅行者のお約束?
旅行者のお約束?
さぁそれならばと、王府井のとあるブティックへ。ここはミャオの刺繍をパーツとして現代ファッションに組み合わせているお店。ここでの彼女達は正に釘づけ状態!!そうだよねー こんなに素敵に使われてる苗(ミャオ)刺繍。自分達の文化がこういう形で世に出回ってる。デザイン性の大切さやクオリティの高さ、生かされ方や見せ方・・・色んな情報が刺激として彼女達に吸収されてゆきます。彼女達には技術がある。しかし何が求められ、どう作るのか、必要な事などなど、百聞は一見にしかず!っで良いお勉強が出来ました。今日の夕飯は昨日のお礼で北京苗(ミャオ)組みも招いての四川火鍋。 から~ぃお鍋に箸も進む進む♪
四川料理屋でパチリっ
四川料理屋でパチリっ

25日(土)藩家園へゴー!遥々貴州から出稼ぎに来ている先輩方に色んな教えを請うのよ~。そして実際に市場に立ち、苗(ミャオ)刺繍がいかに外国人に求められているか、又どんなものが・・・そしてその価値は・・・等等。今日も良いお勉強です。しかし今日も実にお天気良好!皆日頃の行いが良いのね~ならばやっぱり万里の長城でしょうー。という事で慕田峡へ 。おーおにぎりが美味しぃ♪ やってくれましたよー!歌い出す2人!!山に吸い込まれる苗歌はそれはそれは素晴らしい!!

 

 

慕田峡
慕田峡

26日(日)今日は彼女達にとってちょっとしたドキドキが。北京で洋服の工場を興している苗(ミャオ)知人の会社で刺繍の試験をして貰うのです。これは刺繍の技術を生かして、北京での就職も可能だという1つの選択肢としての提案です。自信なさげな彼女達。しかし・・・その力量は見事合格のお墨付きを頂きました。試験を受ける前と終わった後の彼女達には明らかに違いが、自信という大きな力がそうさせたのでしょう。

 

菜の針さばき
菜の針さばき

剛の技
剛の技

細かな刺繍もこの通り!
細かな刺繍もこの通り!

試験官の先生と
試験官の先生と

お疲れ様~の意味も込め、帰りに北京動物園で一休み。ここで、ちょっと笑えた話・・・角の形が特徴的で毛の色がグレーの羊ちゃんを見た時、私的には珍しかったので見て見てっ!!って興奮気味の私に対し無反応な2人。えっ!?っと分布図の説明書きには貴州省の文字が。山で見た事有るんだってぇ~。

北京動物園のキリンと共に
北京動物園のキリンと共に

 

27日(月)今日の夜は貴州に向けての列車の中という事で休息日に。我が家でのーんびりしてもらいました。お風呂に入ったり 髪の毛のセットをしたり、滞在中に撮った写真を見たり・・・たわいのない楽しい時間が過ぎました。短い滞在だったけど気持ちが伝わりあった気がする時間だったなぁ。夜10:30発。凱里まで48時間。列車の中には沢山のものを詰め込んで少し大人になった2人の顔が有りました。
2人にとってこの北京訪問は一体どんな影響を与えたのでしょう。それはこれから届けられる刺繍や手紙に現れて来る事でしょう。 今からとても楽しみです。