魂は歌い・踊る!!

これ又、ちょい昔のお話・・・です。あれは去年の秋口。
山々が色づき始めた頃でした。いつもの様に?苗北京組みの家で夕飯を御馳走になっていた時の事。(独身時代、よく二人してご飯を食べさせてもらって???いたのであります。笑)

愛しい我が子や愛する人を故郷に残し、遥々北京にやって来た出稼ぎ組み。そんな思いまでしてせっかく出てきた首都
北京!行きたい所はないか??との質問に、「万里の長城!!」という答えが返って来たのでありました。
頑張れ雅瑞!日頃の感謝を込め!此処一番ガンバッテ北京出稼ぎ組みが、みーんな行けるよーにとバスをチャーター!!
いよいよ出発の日と相成りました。

 

 

 

 

 

 

それはそれはもう大変!出発の時刻だというのに、髪を洗ってくる!!と言い張る小呉(シャオウー)モーお洒落さんなんだからっ・・・(ちなみにこの人男性です。)や、めいっぱい着飾って来た小王(シャオワン)。たまたま道を歩いていて運良く乗り合わせた苗おばちゃん等等、総勢25名でしゅっぱぁ~つ!!
バスの中は既に宴会状態。マイクが回って恥ずかしがる苗は1人もいませんっ。

車をとばして約2時間、そこは知る人ぞ知る慕田峡(ムーティエンユウ)。
皆が良く行く八達嶺(パーターリン)に比べ、人も少なくとっても穴場な万里の長城なのです。(クリントンが訪中した時もここへ行きました)
さあ!苗族、いよいよ万里に立つ!!山深いその景色に故郷を見たのか?
自然と口々から流れ出す美しいメロディー。それは何と表現したら良いのか・・・
低音からいきなり超高音に飛び移る、実に不思議なメロディ。しかし、聞いている内に涙がポロポロ流てきます。
これがソウル!魂の歌なのですねっ。自然に輪が出来、踊り出す苗の人々。
それはそれは美しく忘れる事の出来ない光景となり雅瑞家の人生に刻まれた事は言うまでも有りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま居合わせたアメリカ人も「Wonderful!!」と拍手喝采!中国人(漢民族)もしきりにシャッターをきっておりました。
苗北京組み!素敵な思い出ありがとう。

苗族!万歳!!