Collection #0001 イ革家(ゲイジャー) 背帯

さて、これは何でしょう???

・・・これは‘背帯‘と呼ばれる‘赤ちゃんおぶい‘。いわゆる‘ねんねこ‘です。実際に使用される時にはT字(突き出した部分)の左右に帯が連結されています。

我が家でもお宝ものの1つ。通称:ライオン丸。大胆なデザインは、蝶々を抽象
化したモチーフが連ねてあります。赤ちゃんをおぶった時にお尻に当たる位置の色
が抜けています。おねしょを重ねた後なのでしょう。あ~愛ぉしい♪

 

用途・機能背帯/ねんねこ
地域や支族亻革家(ゲイジャー)
主な刺繍技法
  • 平繍(ピンシュウ)
  • 鎖繍(ソウシュウ)
主な素材
  • 絹糸
  • 木綿織地
主なモチーフ
年代1900年以前
備考蝶を抽象化したデザイン

One thought on “Collection #0001 イ革家(ゲイジャー) 背帯

Comments are closed.